交通事故で示談に

交通事故に遭った際、命の危険こそ無いものの、何かしらの怪我を負った場合、治療費をはじめとする費用を加害者側に用意してもらう必要があります。大抵は加害者側が依頼した保険会社を通して示談金を受け取ることになるのですが、相手が指定した示談金を見ると、本当に最小限の額しか受け取れないことがわかります。治療費だけならそれでも十分かもしれませんが、怪我の治療中に発生した治療費以外の損失については一切補填されていないので、弁護士に相談してもっと多くの示談金を受け取りましょう。当サイトでは示談金についての情報を掲載しています。

弁護士による示談金の交渉次第では、最初に提示された示談金よりもはるかに多くの額を得ることができます。現在の治療費に加え、入院にかかった費用や事故によって発生したその他の損失、今後発生すると思われるトラブルの補填など、様々な要素を踏まえた示談金を得られる可能性が出てくるので、弁護士には必ず相談しましょう。弁護士に頼むと裁判になるのではと思う方もいるかもしれませんが、実際のところ裁判に発展するのは全体の1割程度で、大抵は示談で済ませるよう、保険会社側も対処します。

示談金を多く受け取れるかどうかは、事故の状況によっても変わってくるので、できる限り有効な情報を集める必要があります。事故の情報を弁護士に調査してもらうことになるので、調査に余裕を持たせるためにも、なるべく早く弁護士に相談しましょう。時間が経つと先に加害者側の保険会社が示談を薦めるようになるので、大体2週間をめどに依頼する弁護士を選ぶのをお勧めします。