対応を任せる

示談金の額は最初に加害者が加入している保険会社から提示されます。一見すると十分な額に見えるかもしれませんが、事故に遭った方は、怪我か完治するまでの間に仕事ができなかったり、完治後に後遺症が発生したりと、最初に提示された示談金では足りないくらいの損失が発生するといわれています。深く考えずに示談に応じると、それ以降の損失については泣き寝入りするしかなくなってしまう可能性があります。こうした状況に陥らないように交通事故示談での金額増額交渉は弁護士へ依頼するようにして下さい。

弁護士に示談金についての交渉を依頼すれば、当面の治療費はもちろん、今後発生するであろう様々な損失を補填できる示談金を受け取ることができます。交渉は自分でも行えるといわれていますが、実際のところ法的知識が無いと保険会社も説得に応じてくれないことがほとんどなので、基本は弁護士に任せるものと考えてください。それ以上に保険会社との交渉は体力を使うので、治療に専念する意味でも、弁護士による説得は欠かせません

弁護士に交渉を任せるためには、信頼が置ける弁護士を探すことが大切です。ネットの評判も大事ではありますが、やはり一番重要なのは弁護士ときちんとコミュニケーションをとることなので、実際に話を聞いて、信頼できそうな弁護士を探しましょう。無料相談など、費用をかけずにはなしを聞いてもらえる機会を活用すれば、多くの候補の中からベストの弁護士を探し出すことができるでしょう。